里芋がめちゃおいしい!

大人気の里芋料理をしました。この里芋ってほんまに激うま!なんて言うか、きめ細かくて何の臭みもなく素朴でおいしい。こんなおいしいお芋をいただけて神様に感謝感謝です。この里芋は植えた時は畝に栄養もないし多分実りはないだろうな~と思っていただけに里芋さんには申し訳のない思いです。

 

そんな栄養のない畝でも頑張って育ってくれて私の体の一部になって命をつないでくれたことに感謝です。来年は今年の種芋でもっともっと元気に育ってもらう予定にしています。

 

里芋の皮はどうやって剥いていますか?私の母なんかはレンジでチンして剥いていますが私は電子レンジが大嫌いでそんな邪道な技は使いません。この間、レンジを捨てたくらい嫌いですから・・。私は、里芋の皮は包丁で丁寧に1つずつ剥いていきます。でも、里芋はぬるぬるしてまともにグリップすることが出来ないので包丁で1個ずつ剥くにはかなりのテクニックが必要になります。で、今日思いついたのは全く水に付けずに里芋の皮を剥くことです。この剥き方はよかったですよ。水が付いてないので全然滑らない。ぬめりが出ないんです。周りについている土がグリップを助けてくれます。時間はかかりますがしっかり皮を剥くことができて良かったです。ちょっとした精神統一の時間にもなりました。包丁と里芋だけに集中して邪念を捨てただひたすら感謝の言葉を心で唱える・・。そんな感じです。笑

 

水に付けなかったため真っ白な里芋に泥や汚れが付いていたんですが、野菜洗い用のたわしでブラッシングすればすぐにキレイになりました。これから里芋の皮剥きはこの調子でいきたいと思います。

なんて綺麗な里芋でしょう!

一度沸騰させてお湯を捨てます。別に捨てずに味付けをすればよいと思いますが私の母が人工透析をしているのでリンを多く含んでいるイモ類はいつも茹でたものをいったん湯を捨ててから新たに水を入れて味付けをします。

味付けはシンプルで始めに酒、みりん、砂糖、だし醤油の順に入れ煮込みます。それにかつお節を多めに入れて味を整え少量の塩を入れ完成させます。

今日は、いつも使うキビ糖がなかったので沖縄の黒砂糖を使いました。そのおかげかめちゃめちゃおいしく出来上がりましたよ!


カテゴリ:里芋  [コメント:0]

菊芋ってお花が綺麗!

菊芋っていまいちな味なんです。多分お料理が下手なだけですが・・。でも、こんなにお花が綺麗だとは思いませんでした。今年は、菊芋をたくさん植えたんですが秋になってたくさん花が咲いたんです。この花は綺麗ですね~。咲き始めた花から摘んでお仏壇に供えたり部屋の鑑賞用に大活躍しました。いつもお仏壇のお花に困るので四季を通じていろんな種類の花が咲けば良いのにな~と思う今日この頃です。

菊芋は血糖値を下げる働きがあると聞きました。でも、おいしく食べれないと長続きしないでしょう。まあ、たくさん食べればよい訳でもないでしょうから毎日少しずつ食べれるようなお料理がいいですね。おすすめは、きんぴらです。千切りにしてごま油で炒めて酒、みりん、醤油、砂糖で味付けすればおいしいのが出来上がります。後、ポテトフライにするのもおいしく食べれますよ。スライスして油で揚げるだけですが、中途半端だとフニャフニャになりますので十分に揚げる必要があります。出来上がったらお塩かトマトケチャップで食べるとおいしかったです。次回、お料理リンクを貼っておきますね。

 


カテゴリ:菊芋  [コメント:0]

落花生の試食をしました!

先日、収穫した落花生を保存用に天日干しにしました。実は今回が落花生の保存は初めてなんです。なので探り探り試みていますが中のピーナッツの水分が抜けたようで振るとカラカラ音がし始めました。外も寒くなってきたので天日干しは終了して食べてみることにしたんです。いつも落花生を食べる時は収穫したてを茹でて食べます。今回は天日干しした落花生なんで迷ったんですがやはり茹でてみたんです。わざわざ水分をとばした落花生を茹でたんです!アホでした!いくら茹でても柔らかくはならず硬いまま食べることになったんです!たまにやるんですよこんなアホなことを・・(いえ、いつもやってます 汗)気を取り直して今度は炒ってみます。どのくらい炒ればよいのかわかりませんでしたが裏表に焦げ目がつき始めたのでこれで完成と勝手に決めて試食をしたんです。まだ、熱がとれてないうちはいまいち炒れているのかどうかわかりずらい。(食感が・・)でも、冷えたピーナッツは香ばしくておいしいです!これは料理にもお酒のおつまみにもなります!炒った時間はほんの10分くらいです。火加減とか環境によって完成時間は異なると思いますがぜひ生ピーナッツを炒ってみてください!おいしいですよ!


カテゴリ:落花生  [コメント:0]

タケノコ白菜トゲトゲが・・

雑草が生えている間にタケノコ白菜を植えてみました。この畝はあまり地力なかったと思いますが一応雑草に囲まれながら生き生きと育ってくれています。実は、この写真は2週間ほど前に撮影したもので現在はこれらの白菜は収穫して食べてしまいました。本当ならもっと巻かないとだめですが地力がないせいかあまり大きくならないようです。このままでは、収穫前に霜にやられて枯れてしまうと思い先週に収穫したんです。タケノコ白菜は初めて育てたので比較ができませんが茎がやや細いような感じでした。やはり、地力がなく栄養が少なかったかも知れません。

白菜は豚肉と相性が良いので豚バラ肉と一緒に煮付ければおいしいおかずが出来ます。しかし、ちょうど豚バラを切らしていたので白菜味噌汁を作りました。まず白菜を水洗いしますが、このタケノコ白菜はたくさんトゲトゲあってけっこう痛かったですね。まあ、生で食べる人はいないと思いますが生では口の中がチクチクして命がけの食事になります。笑 今回は味噌汁に入れましたが、次回は焼きそばに使います。焼きそばはキャベツというイメージが強いと思いますが、この間白菜で料理したらめちゃくちゃおいしかったです。逆に鍋は白菜っていうイメージですがキャベツを入れたらこれまたおいしかったですね。白菜とキャベツは常に使うので畑で採れればありがたいです。スーパーに行けばいつもありますが葉物類は農薬が高い確率でかかっていると思うので買いたくないんですよね。だからなるだけ自分で栽培したいけど、家庭菜園では良いのが出来ないし年中育てられる野菜でもないので難しいですね。夏は虫さん達が元気に葉っぱを食べてくれるし、キャベツは夏よりも春や秋の方がおいしいですからね。来年は、苗を植え付けた後に虫さんが来れないようにカバーをかけて育ててみようかな。たくさん採れるかも!


ショウガの収穫 保存方法

今年はショウガを作りました。まだ収穫できてないショウガもありますがこんなに大きなショウガが育つなら来年からはもっとたくさん植えようと思いますね。いつも私の行くスーパーは一部の野菜は有機無農薬野菜なんです。でも、ショウガはなんと400円くらいするんです!やはりどうせなら有機無農薬のショウガを食べたいのでそこのスーパーで買っていますがこれからは自家栽培の安心安全のおいしい生姜を食べることにしました。ショウガは料理にたくさん使いますからね~。生姜を食べると体がポカポカするのもうれしいです。最近、体温が35度後半なんでショウガの力を借りて体温を上げることも試せます。

 

この生姜は日当たりが悪い場所で作りました。反日蔭でも大丈夫と聞いていましたがここまで立派に育ったのは想定外でしたね~。土の状態も良かったかもしれませんがほんとに立派です。現在葉物野菜を植え付けたばかりの畝に来年はショウガを植え付ける予定です。この畝は垣根の陰になり反日蔭状態なのでここに生姜を植えるのは妥当かもしれません。ただ地力が十分ではないのでうまく育つかわかりませんが・・。

 

生姜の保存方法を調べてみました。生姜は寒さに弱いので15度前後での保存が適しているらしいです。(10度以下になると腐るらしいです)それにサツマイモなどと違って湿度が必要らしいですね。サツマイモは芋に付いた土を取り除きますが生姜は土が多少付いていても大丈夫らしいです。ビニールの袋に入れて軽く結んで発泡スチロールの容器に入れて保存するとのことです。(新聞紙に包んで霧吹きで水分を補ってから)でも、これで大丈夫かな~って感じですが・・。生姜の保存は難しくて毎年失敗するって言う人もいるのでどうなるかわかりませんがやってみましょう。生姜の保存方法はもうちょっと調べてみて成功者の保存方法と自分のやり方でのフィードバックを記事にしていきたいと思います。


ページの先頭へ